私に人間性に対する希望を失わせた。映画 思秋期 海外の反応



"この映画は私に人間性に対する希望を失わせた"




思秋期 / Tyrannosaur


監督・脚本 パディ・コンシダイン

編集 ピア・ディ・キアウラ

出演
ピーター・ミュラン
オリビア・コールマン
エディ・マーサン

製作国 イギリス

配給 エスパース・サロウ




・素晴らしい作品。
 パディは、ミュランと同じ様に伝説。







・もしこの映画を恐竜映画だと思っているなら、
 ここまで止まりにしておくこと。+155







・この映画は私に人間性に対する希望を失わせた。
 間違いなく、今年最高の映画であり、
 英国王のスピーチより遥かに良い。
 そして、冷酷で、
 充足感のある映画経験に夢中となるだろう。
 忘れられない。+6







・普通じゃないタイトル。広告の仕方の失敗。
 (原題がティラノサウルスに対して)







・この映画を観ました。
 不可能なくらい冷酷な映画です。
 しかしながら皆さま、一度見ておく事をお勧めします。







・ダンサー イン ザ ダークを彷彿とさせるダークさ。








・キャラクター設定、役作りがとても丹念に作り込まれている。
 良作。







・TYRANNOSAURという言葉を少し考えてほしい。
 オリジナルの意味は、tyrant/暴君、tyranny/専制政治だ。
 そうすると、このタイトルの指し示す事が分かるかもしれない。
 なんで、人々はそうも文字そままを鵜呑みにするのか。。







・衝撃的なラスト!







・人生で沢山の映画を観て来た。
 オリヴィア・コールマンはこの素晴らしい演技を、
 もう一度繰り返す事は難しいだろう。
 

[ 2012/10/15 19:55 ] ヒューマン | TB(0) | CM(0)

Post a comment













Only the blog author may view the comment.

Trackbacks:

この記事のTrackbacks URL
http://worldroadshow.blog.fc2.com/tb.php/11-f42b1da9









アクセスランキング