まるで古典絵画のようだ。 メランコリア 海外の反応





”悲しくも美しい映画。全てのシーンがまるで古典絵画のよう”






メランコリア / Melancholia

監督
ラース・フォン・トリアー

脚本
ラース・フォン・トリアー

製作
ミタ・ルイーズ・フォルデイガー
ルイーズ・ヴェス

製作総指揮
ペーター・ガルデ
ピーター・アールベーク・ジェンセン

出演者
キルスティン・ダンスト
シャルロット・ゲンズブール
キーファー・サザーランド

撮影
マヌエル・アルベルト・クラロ

配給 ブロードメディア・スタジオ

制作国 デンマーク

公開  2012年2月17日 日本

Official web
http://www.melancholiathemovie.com/
(綺麗なweb siteです)

Cslection.png





・2011年、最高の映画。 ただ単に素晴らしい。+4







・変わっているが傑作映画。
 五回観た。毎回、より深みに入り込んで行く。
 この映画のような悲惨な気分に導かれる。







・美しいフィルム。+31







・今年観た中で、もっともファンタスティックな映画。
 日常に高揚感を香らせていった。+3







・エクセレントな映画。でも脳みそを必要とされる。
 故に、好かれない映画。+58







・映画史上、最悪。
 通常、楽観的な自分でさえ、シャワーカーテンで首つりをしたくなった。







・この映画は現実的ではない。
 ジャックバウアーは、地球を救えたかもしれない。+21







・二時間の間、お金持ちが泣いているという映画。+6







・偉大な芸術。
 人々は教養とセンスが足りない。
 彼らはスーパーヒーロー映画が観たいだけなんだ。
 なんて恥ずかしい文化的な欠如なんだ。。+21







・鬱を経験した人々にはこの映画はとても訴える部分があるだろう。
 少なくとも、この映画を理解していない人よりは。+2







・この世はこんなにも美しいのかと分からせてくれる映画。+32







・悲しくも美しい映画。全てのシーンがまるで古典絵画のよう。+2




・この映画は私を深く傷つけた。
 とても良い映画。でも心が痛い。+29

[ 2012/10/31 13:49 ] ファンタジー | TB(0) | CM(4)

この映画はぜひ見てみたい。
でもシャルロット・ゲンズブールは随分変わっちゃったな
[ 2012/10/31 16:17 ] [ 編集 ]

ワーグナーの音楽が見事にマッチしていて
なんともいえない雰囲気をだしていましたね
映像叙事詩的な作品が好きな人なら気に入ると思います。
[ 2012/10/31 18:03 ] [ 編集 ]

下手なホラーなんかより悪夢のネタになりそうな感じ
アリス症候群じゃないけど夜空の星とかずっと見てると感覚がおかしくなってくるよね
[ 2012/10/31 23:01 ] [ 編集 ]

なぜ今頃?
と思ったらアンチクライストと勘違いしていた
[ 2012/11/03 13:16 ] [ 編集 ]

Post a comment













Only the blog author may view the comment.

Trackbacks:

この記事のTrackbacks URL
http://worldroadshow.blog.fc2.com/tb.php/16-e747b8a1









アクセスランキング