涙が止まらないのは私だけだろうか レ・ミゼラブル 海外の反応




”涙が止まらないのは私だけだろうか”






レ・ミゼラブル / Les Misérables

監督 トム・フーパー

脚本 ウィリアム・ニコルソン

原作 ヴィクトル・ユゴー
アラン・ブーブリル
クロード・ミシェル・シェーンベルク

製作 ティム・ビーヴァン
エリック・フェルナー
デブラ・ヘイワード
キャメロン・マッキントッシュ

出演者
ヒュー・ジャックマン
ラッセル・クロウ
アン・ハサウェイ


音楽 クロード・ミシェル・シェーンベルク

撮影 ダニー・コーエン

編集 クリス・ディケンズ

製作会社 ワーキング・タイトル・フィルムズ 



・この映画を見る度に鳥肌がとまらず、上手く息が出来なくなる。
 この先、何年も見続けるだろう。







・500回以上もトレイラーを見続けている。







・この映画を観た後は、目が真っ赤になるだろう。







・観劇後、必ず穏やかな気持ちになるだろう。







・涙が止まらないのは私だけだろうか。







・劇場で、観衆が一緒に唄うという現象が巻き起こっている。







・キャストの素晴らしさに驚く。







・真実の愛に満ちあふれた作品。







・劇場版、映画版、全く関係なく面白い。







・自分の好きなタイプの映画ではないと思ったが、
 トレイラーを観た後、考えは全く変わった。







・Sam Barks と Aaron Tveitは有名な俳優ではないが、
 演劇界では世界的に重要な役者。観る価値がある。




[ 2012/12/10 22:00 ] アクション | TB(0) | CM(21)

これは観たい。ハンカチ持参で。
[ 2012/12/10 23:34 ] [ 編集 ]

観たいと思ってたキムヨナを見るまでは
[ 2012/12/11 00:51 ] [ 編集 ]

  

過去色んな夢やぶれて聞いてきたけどアンの歌う歌が一番かも
情景や感情やストーリーまでダイレクトに伝わる
[ 2012/12/11 10:40 ] [ 編集 ]

>観たいと思ってたキムヨナを見るまでは

ワロタW
[ 2012/12/11 23:33 ] [ 編集 ]

キムヨナ?全然笑えねーけど。

レミゼは今まで映像化されなかったのが不思議な位の名作。
[ 2012/12/12 08:56 ] [ 編集 ]

ああ無情

レミゼラブル=LesMiserablesは、その昔「ああ無情」として紹介されていた。原題を直訳すると「これらの悲惨な人々」Les(複数定冠詞)がつくと、これら全ての意味を持つ。作者のHugoはフランスでチョー偉人、葬儀は国葬だった。しかし文章は難解で、ちょっとした程度の仏文学者では読めない。
[ 2012/12/12 19:17 ] [ 編集 ]

名無し

小説、コゼットを読んでください
[ 2012/12/12 22:21 ] [ 編集 ]

アマンダ・セイフライドのために観に行くよ
[ 2012/12/13 18:29 ] [ 編集 ]

個人的には1998年のビレ・アウグスト監督作品が好きだ
[ 2012/12/14 18:36 ] [ 編集 ]

ヒュー・ジャックマン目当てで見に行く。
難しそうだけど頑張って見る。
[ 2012/12/14 19:39 ] [ 編集 ]

ガヴローシュの涙腺攻撃はやばいぞ
[ 2012/12/15 01:56 ] [ 編集 ]

あまり知らないんだけど、トレーラー見ただけで見たくなったわー
[ 2012/12/16 01:37 ] [ 編集 ]

英語にはうんざり

英語だってことで萎える。
フランス語でないと成立しない世界。
[ 2012/12/20 01:00 ] [ 編集 ]

今年一番じゃだめなんだよ 今世紀一番じゃないと
[ 2012/12/28 16:05 ] [ 編集 ]

今日の午後、見てきました! 
舞台を見て無い自分は、冒頭のシーンにまず仰天w スケールでかすぎw
舞台と同じなか、その場面設定は驚愕に値する 背景イメージの力って凄い!  
次から次へと畳み掛ける歌声に聞き惚れて、一気に引きずり込まれてしまった
ウルヴァリンのH・ジャックマンが歌って踊れる役者なのは知識としては知っていたが、
正直ここまで素晴らしい歌声だとは思っていなかったんだ ごめんよヒュー
最後までだれることなく(トイレも忘れてw)最後まで素晴らしかった 
来年もう1回見に行こうと思ってますw
[ 2012/12/29 22:26 ] [ 編集 ]

見てきました
みなさん歌がうまかったぁ!
最後までハラハラドキドキでした


名作のなかの名作です!!!

ぜひ皆さん見てください
[ 2012/12/31 15:53 ] [ 編集 ]

前知識ゼロで観に行ってきました。すごく評判がいいみたいですが、私はちょっと別の感想を持ちました。
こういうジャンルは嫌いなタイプの映画じゃないんですが、まず全体に長すぎてだれてしまいました。イライラするレベルでした。
半分ぐらいにまとめたほうが良いし、それでもストーリーや人物の感情を伝えるのに十分だと思いました。
主人公ジャンバルジャンの行動には、サムライ的潔さが無く最後まで納得いきませんでした。(日本の話じゃないので当たり前ですけど)
男女の一目惚れも薄っぺらく、元々嫌いな展開ですし彼ら自体の人間性に魅力を感じなかったので応援できませんでした。
他の登場人物や演出もあまり好きになれませんでした。キリスト教的展開もあまりピンときませんでした。
日本人ではこういう違和感を感じる人も多いのでは・・・と思うんですが、そうでもないんだろうか。
あ、エポニーヌだけは理解できるし応援したくなりました。最初のシーンには圧倒されました。
[ 2013/01/04 20:51 ] [ 編集 ]

>レミゼは今まで映像化されなかったのが不思議な位の名作。

いやいや、映画にTVドラマにと山ほど映像化されてるじゃん。
日本を舞台に翻案されたものもあるぞ。
[ 2013/01/05 14:23 ] [ 編集 ]

英語だと萎えるって言う奴に限って英語もフランス語も少しも出来ないと思う
[ 2013/01/24 22:20 ] [ 編集 ]

Comment is pending approval.

Comment is pending administrator's approval.
[ 2013/02/18 21:09 ] [ 編集 ]

Comment is pending approval.

Comment is pending administrator's approval.
[ 2013/04/07 11:38 ] [ 編集 ]

Post a comment













Only the blog author may view the comment.

Trackbacks:

この記事のTrackbacks URL
http://worldroadshow.blog.fc2.com/tb.php/22-2ce2283a









アクセスランキング