花様年華 / 王家衛 海外の反応





"言葉無しに語られる芸術。素晴らしい作品。"






花様年華 in the mood for love

監督・脚本・製作 ウォン・カーウァイ

出演者 
トニー・レオン
マギー・チャン

音楽 マイケル・ガラッソ・梅林茂

撮影 クリストファー・ドイル・リー・ピンビン

配給 松竹

公開 2001年3月31日

Cslection.png




・ウォン・カーウェイの映画は私にタバコを吸いたくさせる。
 おそらく生涯最高のラブストーリーだろう。それが全てさ。






・とてもチャーミングな映画。






・この音楽を表現する言葉が見当たらない。
 素晴らしい。






・ウォン・カーウェイが魅せた雰囲気を愛している。
 非凡な音楽、歩き方、会話、表情、感情、本当に美しい。






・誰も孤独と愛への切望をとらえることは出来ない。
 ウォンカーウェイ以外をおいて。 素晴らしい作品。






・アジア人による繊細な沈黙と厳格な儀式。






・言葉無しに語られる芸術。素晴らしい作品。






・音楽がこうでなければ、この映画を好きになっては居なかっただろう。






・24歳の時に初めて観賞した。
 時が経ち成長した今、もう一度観賞してみると
 全ての瞬間により人生の深さを見てとることが出来た。






・私たちの人生の中で、多くの場合言葉を必要としない。






・ほの暗く、謎めいていて魅惑的。そして官能的。






『欲望の翼』の続編、『2046』の前編とされている本編。
流れるようなカメラワークと、夢二のテーマが素晴らしく合わせっています。
マギーチャンが纏う華やかなチャイナドレスも、隆盛期である香港を見事に体現していました。

ではまた次の映画でお会いしましょう。
[ 2012/10/04 07:05 ] 恋愛 | TB(0) | CM(0)

Post a comment













Only the blog author may view the comment.

Trackbacks:

この記事のTrackbacks URL
http://worldroadshow.blog.fc2.com/tb.php/7-d8b245a5









アクセスランキング